クレジットカードのセキュリティコードについて

インターネットショッピングでクレジットカードを決済をすると、セキュリティコードの入力を求められることがあります。
セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面に記載されている数字です。
署名欄あたりに記載さえていることが多いですね(表面に記載のクレジットカードもあります)。
クレジットカードによってはクレジットカード番号の一部と、セキュリティコードが記載されていることもあります。
それをすべて入力するのではありません。
下3桁か4桁のみがセキュリティコードとなりますので、それだけを記入すればOKです。

以前はインターネットショッピングをしても、セキュリティコードの入力はしなくても良いケースが多くありました。
しかし現在はほとんどで、入力が必要となっています。
これはインターネットショッピングで、第三者のクレジットカードが使われる事態は増えてきたためです。
カード番号や有効期限のほかに入力項目を増やせば、不正使用が行われにくくなるということなのです。

発行年が古いクレジットカードには、一部セキュリティコードの記載がない場合もあるようです。
そのままではインターネットショッピングができませんので、クレジットカードの発行元に問い合わせをしてみましょう。