クレジットカードに暗証番号が必要な理由

クレジットカードは暗証番号を設定します。
暗証番号が必要になる場面ですが、ショッピングがあります。
ICチップが搭載されいるクレジットカードは、サインではなく暗証番号で決済をすることができます。
利用時は最初から暗証番号の入力を求められることが多いですが、お店によっては暗証番号とサインどちらにしますか?と聞かれることもあります。

そしてキャッシング利用時にも暗証番号が必要になります。
キャッシュカードでお金を引き出すときは、ATMで暗証番号を入力するかと思います。
それと同じように、クレジットカードでのキャッシング時にも暗証番号を入力しなければならないのです。
暗証番号がわからないと、キャッシングはできないでしょう。

暗証番号を忘れてしまったら、クレジットカード会社に問い合わせをするしかありません。
WEBやコールセンターなどで、照会依頼をしましょう。
後日クレジットカードの暗証番号を記載した書面が郵送されてきます。
その場では教えてくれないクレジットカード会社が多いですので、わかるのは後日になります。

また会員専用のWEBサイトで、照会できるクレジットカードもあります。
こちらはすぐに暗証番号がわかるので便利でしょう。