クレジットカードの強制退会とは?

クレジットカードは、利用者が解約をしないかぎりずっとそのクレジットカードの会員であり続けます。しかし強制退会になると、クレジットカード会員の資格を剥奪されてしまいます。

強制退会はこの人は自社の会員にふさわしくない、自社に不利益を与えると判断されたときに、行われます。たとえばクレジットカードの利用金額を支払わない場合。
これは支払う気はあるのだけれど、支払えないという場合でも適応されます。
理由はどうであれ、返済をしてくれないとクレジットカード会社が損をしてしまうからです。

それからクレジットカード会社の会員規約の違反をしたときなどにも、適応されます。
現在ではクレジットカードの現金化がクレジットカード会社にバレてしまい、強制退会になったという例も増えているそうです。

一度強制退会になると、事故情報として個人信用情報センターに記録されてしまいます。
その記録が消えないかぎり、新しいクレジットカードを作ることはできないといっても良いでしょう。
強制退会の情報が他のクレジットカード会社にも知られて、持っているクレジットカードが全て利用停止になってしまうなんてこともなりえます。
ただ普通に使用していれば、強制退会になることはありません。
あまり気にしすぎなくても、大丈夫かと思います。