クレジットカードのブラックリストとは

クレジットカードの利用金額を支払わなかったりすると、「ブラックリストに掲載される」と言われることがあります。
ブラックリストに掲載されるとクレジットカードを新規に作ることも難しくなってしまいます。
銀行や消費者金融などの金融機関で借り入れをしたり、ローンを組んだりすることもできなくなってしまいます。
ブラックリストには掲載されたくないですが、本当に存在するものなのでしょうか。

クレジットカードなどの利用履歴は、個人信用情報センターという機関に登録、保管されています。
もし返済遅延などがあるとクレジットカードの事故情報として、その情報が個人信用情報センターに登録されてしまうというわけです。
実際のところはこの事故情報の記録がある人を「ブラックリスト」と呼んでいて、実際にブラックリストがあるわけではありません。
クレジットカードを新規申し込みをすると、この個人信用情報センターでその人の情報が閲覧されることになります。
ここにもし事故情報があったら・・・。
クレジットカード会社はこの人にクレジットカードを発行しても、返済できないと判断されてしまいます。
その結果クレジットカードを申し込んでも、断られてしまうのです。
クレジットカードは事故情報が登録されないように、計画的に使いましょう。